2009年12月13日

超音波目利きカラーの世界

12月2日に行った、新開発技術を少しだけ公開いたします。
見える美味しさ!マグロのトロ表示
写真は当日に糸満のセリで仕入れたメバチマグロです。
PC020008.jpg氷漬け状態で検査しております。各ポイントの検査を限られた時間で収集しています。
PC020034.jpgすぐにプロに捌いてもらい→腹ナカ、シモ境界部の割面写真
その油の乗りを超音波でグレイスケール表示
カラースケール表示
見た目均一な油の乗りで小トロぐらい?
しかし超音波観察で大トロ部分が確認されました。カラー表示は明らかに周囲より油の乗りが強いことを示しています。この映像を目に焼き付けて再度この写真を見てください。PC020034.jpgepochburokecho2colorimg.jpg
検査を行ったのはOLYMPUS超音波非破壊検査研究技術者が行いました。
普段は航空機の主要部品の金属を非破壊検査研究を行っている方々には初めて目にする世界。
実際に私はこの研究を始めて約6年になりますが、これらの映像を直接観察された人数は1000ににも満たない非常なローカルな分野です。
油の乗り!美味しさを見る。そして賞味する。新たな楽しみがいずれ高級料亭で披露されるかもしれません!マグロの解体ショーのようにワイルドではなく、お座敷に座りながらモニターをみてクールに!
posted by syu at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 超音波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

超音波マグロ目利き開発実験

12月2日、3日両日にマグロ非破壊検査技術構築の開発研究を行いました。
初日は当研究所にて装置の校正を行いました。
091202_1024~0001.jpg写真左は当研究所所有の本多電子HS-1500医療用超音波装置
右はOLYMPUS社製、Epoch1000i工業用非破壊検査装置(航空機や原子力発電所などの点検検査に利用されているものです)
中央手前はこんにゃくにつまようじを20ミリピッチに刺して、それぞれの装置で画像収集し音速設定を同一にする作業を行っております。
その後、もずく、紅ショウガ、冷凍マグロ、メバチマグロラウンド→ロイン→ブロック内部からの検査情報収集
翌日はメバチマグロ100キロクラスラウンド→70キロクラス→ビンチョウマグロドレスの情報収集
おそらく本社からそのデータが近日中に届くでしょう。
その解析はある程度頭の中では出来上がっています。
日本で大手企業のオリンパス社が私のような、小さな小さな個人事業所に来られました。空想の物語かもしれません!
一応私の技術は・・・
近いうち公開いたします、できるだけ皆様が理解できるように画像中心に!
posted by syu at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 超音波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする