2015年11月29日

マグロ目利きを極める技術動画

マグロ超音波目利き技術
マグロの旬の見極め方法
海洋深層水サンゴ復興技術!自然環境を昔ながらのサイクルに戻せ
posted by syu at 20:03| 応用技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

超音波非破壊検査完熟モズクの目利き

101008_1310~0001.jpgモズクを見極める技術:超音波非破壊検査方法とその映像
posted by syu at 15:17| 応用技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

海洋深層水と超音波エネルギーハイブリッド利用で海ブドウ栽培

CIMG2873.JPG

20リットル水槽に熱帯魚用マイクロバブルエアーポンプを設置して実験開始

CIMG5510.JPG 

ペットボトルに静的環境(自己環境呼吸サイクル)にて実験開始:エアーバブルの超音波振動は伝播している

エアーバブルの振動と直接太陽光のあたらない環境での実験


調達直後の天然海ブドウ

 CIMG5512.JPG


調達直後の天然海ブドウの超音波10MHz検査

 CIMG5518.JPG


粒は充実性の径3ミリメートルで見られる

調達直後の養殖海ブドウ

 CIMG5520.JPG

調達直後の養殖海ブドウの超音波10MHz検査:粒は内部クリアーで見られ水泡性で観察される



調達直後の天然海ブドウの超音波10MHz検査


調達直後の養殖海ブドウの超音波10MHz検査

超音波プローブで非破壊的に観察


天然海ブドウを観察中

若干しぼんだ感じで超音波反射は強くなっている


中心部での観察で比較的生の状態と変化は軽微:3ミリ径は保存されている


養殖海ブドウは超音波反射は強くなっている

養殖海ブドウは粒が潰れてしまった



天然海ブドウは若干委縮し内部はクリアーになっている(内部の液体の入れ替え完了)

3月1日より種が放出された

 CIMG5513.JPGCIMG5516.JPG


採取した種をシートに着床するか実験開始

 CIMG5519.JPGCIMG5517.JPG


24時間後(3月2日)

CIMG5525.JPGCIMG5522.JPGCIMG5523.JPGCIMG5524.JPG

posted by syu at 10:51| 応用技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

医療画像技術VRボリュームレンダリング技法を採用した夜光貝螺鈿ランプお守り用

今日は私の螺鈿風夜光貝細工インテリア照明、お守り用工作の仕方を提示します。
100410_1503~0001.jpg

写真右螺鈿風水墨画模様描きは私の孫のお守り用です。医療画像立体視技術のVR法(ヴォリュームレンダリング)を採用した特殊メイクの夜光貝螺鈿細工です。
昨日から大きな声で笑うようになったのでその成長に応じて模様足ししました。
これは成長に応じてVR法で多彩な色彩の輝きに重ねたしします。VR法(透明度と色調の濃淡と遠近法による立体視技術)renduring10.JPGrenduring12.JPGrenduring11.JPGrenduring15.JPGrenduring13.JPGrenduring16.JPGrenduring17.jpgrenduring18.jpgyakou7.jpgyakou11.jpgyakou10.jpgyakou6.jpgyakou5.jpgyakou12.jpgyakou8.jpgyakou15.jpgyakou13.jpgyakou14.jpg
左は数カ月かかって模様だしした比較的小さめサイズの夜光貝です。
基本的に、螺鈿風模様描きはここからスタートします
今日はほんの少し削りだしに合わせて夜光貝の持つブルーを輝きに合わせて足してみました
これを全体くまなく模様描きして、全体像を見て次に描く色合いを決めます。
今日仕上がった私の孫のお守り用夜光貝細工です
100410_1505~0003.jpg  100410_1505~0004.jpg

昼間はこんな感じで螺鈿風模様を楽しみ
夜はランプをともして、やさしく温かく孫を見守ります。
100410_1505~0002.jpg 100410_1505~0001.jpg

孫は日々成長しますのでこの色彩を楽しめるのは今だけとなります。
螺鈿細工は手のかけすぎという事はありません!
こどもも同じだと夜光貝は教えてくれているような気がしました。
posted by syu at 21:25| 応用技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

今日は大みそか!

DSCFsusi.jpgCA280070.jpg皆さま今日は大みそかです。
明日から2010年です。良いお年をお迎えください!
私の今年の抱負は、これまでの研究を実用化するために、経費を計上しその予算内で未来につながるシステム作りに取り掛かりました。
主に文献に記載された事項の検証および分析の1年でもありました。
成果として
海洋深層水利用方法の構築。
マグロの超音波非破壊検査の次なるステップ品質管理技術構築。
それに付随したマグロ販売戦略。
新たなるマグロ超音波非破壊検査装置の発掘と実験検証など、
そのすべてを文章化し開示するのに数年かかりそうな膨大なデータおよび治験を得ることができました。
これも一重に皆さまの援助のたまものです。
ありがとうございます。
私は今日は休養日で、あすから4日間マグロを皆様にお届けする業務にはいります。
明日明後日のマグロをご披露いたします。
091231_0919~0002.jpg写真はメバチマグロ右腹ロインを昨日出荷しました。内部の色合い鮮明な朱色でお正月に祝うためを考えて温度調節、保管方法、海洋深層水調合濃度、捌くタイミングとこのようにできるだけ原体維持を心がけて処理しました。価格はビンナガマグロの5倍のセリ値でした。
とても高いとお思いでしょうが、一年の始まりに活力を引き込むためです。
品質向上の功を奏した手順を今年の締めくくりにお送りいたします。
091017_1020~0001.jpg尻尾に切り込みを入れ
090926_1156~01.jpg海洋深層水散布し冷蔵庫空冷送風マイナス3℃つり下げ水分抜き
091231_0919~0002.jpg少しずつ使う分だけ切り出しします。
この方法で文献に近い日数の賞味期限を得ることができました。
XXマグロは日持ちしない!それは迷信と・・・・
posted by syu at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

Npでした

No Probrem CERTIFICATE OF EXAMINATION TEST (Draft A)
No Probrem CERTIFICATE OF EXAMINATION TEST (Draft B)
明日は休憩です。
最終確認は行います。
自分の業務は知らなかったでは世界で通用しません!
リスクマネジメントも小さな脳みそ内で予想される対策を行っていた。
その作業時間は?
はっきり申しまして、数十万から百数十万レベルの業務をこなしたと考えます。
作業でなく、業務です。作業しただけの人に、クレームは付けさせません!今日は安心感と怒りで調和しましたので平常心ですが、スイッチ入れると明日は怒りは爆発いたします。おそらく記事を見ないので気付かないでしょう!
何を言っているか公開できる日が来ることを望みます。
おそらく今回のチームメンバーは世界最強です。
リアルタイム情報通信
画像情報表示
理論構築
連携とお互いの信頼関係!
まだ最後の関門が控えていますので気を抜けませんが、お疲れ様でした。
080728_0555~0002.jpg写真は天女の下りてくる瞬間です。よく観察してください。ありえない光線の形状です。
posted by syu at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

デフレを利用した先行投資!

経済無知の人の解釈です
現在デフレスパイラルの活性化により経済はどん底状態に陥っています。
原因はリーマンショックなのでしょうか?
実際には大きな世界経済の動向を握る一部の・・・の策略でしょう
お金の価値は基本的に上昇はあり得ないでしょう、なぜならいくらでも増産発行可能なので!
最も価値が出てくるのが時代に即したシーズとなります。
シーズはニーズに対応する。この短い説明でご理解ください。
現在時代に対応できるシーズは、お金の消費を軽減すること
お金を使わずに物が回る?すぐにツケが回ってきます。
対策は?・・・・
しかし持ち合わせた技術で乗り越えることが可能!
電子マネーは現在消えてなくなりました、近いうち誰かが強烈な電子マネーを・・・
ほんの少し難しく理解に?でしょうが!
ニーズに対応するシーズは、技術であり、日本人はこれで生き延びてきております。
小さな島国が大きな国家と対等にわたりあえています。
それは日本の特徴であり、シーズは先行、拡張していくのが従来の日本構造です
外国の技術者に引き継ぐことは・・・
そう簡単に物真似できないレベルにあるのが日本の技術=made in Japan
誇りを持ちましょう、日本は物を売るのではなく、技術を売るのです!
それが従来の国策!
posted by syu at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする