2020年07月05日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について






posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について




posted by syu at 00:01| 沖縄 ☔| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について




posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について










posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について










posted by syu at 00:01| 沖縄 ☔| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について








posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について














posted by syu at 00:01| 沖縄 ☀| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について










posted by syu at 00:01| 沖縄 ☔| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について








posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について








posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について








posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について




posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について










posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


posted by syu at 00:01| 沖縄 ☔| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について




posted by syu at 00:01| 沖縄 ☔| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


posted by syu at 00:01| 沖縄 ☔| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について




posted by syu at 00:01| 沖縄 ☔| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について






posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について








posted by syu at 00:01| 沖縄 ☀| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について






posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について












posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について


















posted by syu at 00:01| 沖縄 ☀| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について
























posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について










posted by syu at 00:01| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

マグロの目利きから品質維持管理の特殊技術について












posted by syu at 00:01| 沖縄 ☀| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

沖縄港川海域マグロ乗っ込みと示唆する

例年通りソデ烏賊漁の解禁を迎える11月は黒潮海流がアガリタックマーになる
その時潮に乗って黒潮温度帯は大型キハダマグロが釣れる、色合いもアメジスト色で油の乗りも絶妙のバランスで美しく美味しい特別な旬時期に入ってきたと示唆する。
2010splingcachtunas.jpg私は漁師として一本釣り漁業権と仲卸としてセリ入札権を持っています
写真は黒潮の流れ11月3日の情報(その日大きな木肌マグロが上がっており本日セリで落とされた)

CIMG1482.JPGCIMG1484.JPG


次の写真データーは今年5月3日の潮周りと海水温 潮はアガリタックマーが続きホンマグロが釣れ盛っていた(5月末には禁漁の措置が出るくらい)

CIMG1483.JPGCIMG1485.JPG














posted by syu at 11:05| 沖縄 ☁| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

マグロビジネス戦略、今日の目利きと旬の時期の見極め、そして品質改善技術の秘技

CIMG6967.JPG写真は2015年月齢9月17日水揚げのマグロです

腹に新しい傷跡があります。そしてマグロ模様は消失し表面はうっすらピンクの輝きを呈しています

このマグロは身質全体に微慢性の色抜けを認め、{癌}として返品処理されました、magroechoexam.jpg細胞構築上身質に異常所見はなく色抜けだけの所見:これは産卵による体力消耗の早期の身質を反映しており。産卵後であると根拠立てする情報にCIMG6977.JPGCIMG6976.JPGCIMG6975.JPGCIMG6974.JPGCIMG6973.JPGCIMG6972.JPG大潮満月の3日後で釣れたタナはおよそ100mで海水温度は25℃前後であることからほぼ間違いない物と示唆される

例年は9月中旬に産卵するパターンが多いが今年の海水温度の推移は45日ほどずれているので、産卵の時期もずれ込んだものと示唆される。CIMG6955.JPGCIMG6956.JPGCIMG6962.JPGシイラも産卵期ではないかと示唆される模様で見られる。大型のビンナガマグロが釣れ始めているので、下層の潮流は旬の流れに入りだしたものと示唆される

CIMG6963.JPGCIMG6964.JPGCIMG6965.JPGCIMG6954.JPGCIMG6953.JPGCIMG6952.JPGCIMG6961.JPGマグロの超音波目利き技術はこちら

マグロ品質維持管理技術資料はこちら

海洋深層水湧昇調合原水はこちらです


posted by syu at 11:05| マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

明日マグロセリに並ぶか?

先週は沖縄地方のみならず、全国的に異常寒波が押し寄せ
事故なども発生しました。自然は人間など対して影響を感じていないのでしょう。
暖冬、地球温暖化を否定するような気温低下!
話はマグロ水揚げに戻り!現在天候回復を待って多くの漁船は待機しております。
明日から師走にかけて商戦が始まります、しかしマグロ経済は芳しくない。
明日セリに水揚げあったとしても、セリ値は・・・・
もし明日とんでもない高値が出た場合この値段はおそらくこのまま推移するような気がします。
何故か?景気が悪すぎて外食は控えて、家庭でディナー(家庭での迎春)パターンの予定が多くを占めると予想されるので。
薄利多売のスーパーやブローカーにはマグロはリスクが高すぎてまとめ買い出来そうもないし、その余裕もあるか?しかしマグロは高くなるでしょう。小さな業者は小さく高値で仕入れて、それなりの金額で多くのホームパーティーに分けますので、今年は小さな幸せが皆にいきわたるような気がします。
腹いっぱいではなく、缶ビールに、マグロの刺身数切れを皆で味わいながら、除夜の鐘を聞く!忘れ去っていた昔ながらの年越し!
最近の若い人に伝授しましょう。今世紀最悪の不景気を小さなぬくもりでしのぎましょう。そう考えると意外と楽しみです!
ある日の日の出をお送りします。
CA280143.jpgCA280142.jpgCA280140.jpgCA280167.jpgCA280173.jpgCA280182.jpg
posted by syu at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

沖縄近海マグロの産卵場所!

ガイアの夜明けの記事の内容メールをいただきました
実を申しますと沖縄近海はマグロの産卵場所であり、時期が来るとマグロが集結します。
過去のデータでは3~6月ごろがクロマグロの集結時期でした今年はずれこんで5~7月でした
黒マグロに遠慮しているのかキハダも遅れており7月から10月ごろまで産卵後の体力の弱ったキハダマグロを確認しました。
ところが11月後半から油の乗りの強いキハダマグロ、北海道のシャケでいえば銀二?
それが水揚げされ、私も1本入手しました。
季節的にありえないとセリ値は安く、私がセリ落としました。
皆が劣化マグロといったので売れず、超音波研究に使用しました。
超音波研究資料経費4万円超えています。いくら安値といってもマグロはマグロ!
マグロを卸した船長がかわいそうだと思ってマグロの料金を返すとの志がありましたが断りました。
研究実験した限り、上級品であり、周囲の雑音に間際らされて販売できなかった私自信の信念の弱さであったことにつきます。
マグロの輸入規制は強化され日本のマグロの供給量は少なくなります。
現在沖縄のマグロ経済は・・・・・
産地XXXマグロ実際に沖縄産が主流を占めているのです。
沖縄を越えたら台湾になってしまい操業違反、それを超えることは困難です。
特に規制が厳しくなった現在
いずれキハダマグロや、ビンナガマグロも規制に入るでしょう。
検査必要のないレベルの水銀濃度を調べさせて、水銀ー騒動が来るでしょう。私の調査では、よほど記録的な大型キハダマグロを検査して水銀濃度が基準値を超えるか・・・?それも昔ながらの天然物水銀量と工場地帯の科学的水銀量は決してイコールではないです。例として化学塩の大人一日最大摂取量7グラムが天然塩の場合20グラムまで許容量があるとの見解があった。それだけ、天然と人口に差があるのでしょう。
過去に数度あり、厚生労働省が騒ぐと売れなくなり値が下がります。関係ない人々に悪影響を及ぼしても知らんそぶり!キン目鯛発表で自殺した、家族崩壊など過去に多くあったのです。こんな発表を時々官公庁が行う?豚インフルも抑制できないくせに!!!!
しかしマグロは希少物なので売値は下がらないでしょう。
実際に現在マグロは高いので!デフレスパイラルに乗っかった感じですが、本来は対象外の日本の文化と私は思い生き残る食材!
外国から注文が入ります。
外国に流してしまう事態は避けたいのが私の本音です。
しかし生き残らないといけない現実!・・・・
なので私が絡むと安くないです。
その代わり、嘘のない本物をお送りする所存です。
業者は現在いつでも変更可能なのでご検討ください。
将来を見据えて・・・・

posted by syu at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロ経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする