2016年12月02日

20161202沖縄糸満セリ今日の仁福丸のキハダマグロ太平洋回遊型!アガリバイで当面水揚げ続く予想

今日12月2日糸満のセリにソデイカを仕入れに行きました
悪天候の中マグロそれなりに水揚げされていました
海洋気象台の昨日のデーターを示します
海流
CIMG8223.JPG黒潮は沖縄糸満海域から沖縄本島東海域を入ってきています。また太平洋から直接入り込んでくる分流もあります海洋深層水Gm0原料取水地海域に時計回りの渦があります・海洋深層水湧昇の時このように渦巻きます=魚は寄ってきます
海水温度100mデーターです
CIMG8222.JPG海水温度26℃と例年に比べて2℃高いです
CIMG8221.JPG糸満セリ、仁福丸のキハダマグロ1番バッターです。赤みの美しい身質です。京都の料亭はこのような美しいマグロを御膳に使います
CIMG8220.JPGコバルトブルーと金色に輝く活きの良い状態
2番バッターはサメ被害の傷跡が多いです、Mollenaでした。中トロ中最も美味しく最も美しいと称されるマグロです。業者曰く:1年に1本出るかとのこと!糸満の勝冷凍のレストランで食べることができるかも!勝冷凍はヤマト運輸糸満集荷センターの向かいにあります

posted by syu at 18:50| 沖縄 ☀| マグロ水揚げ予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

マグロ仕入れの達人になるための目利き前の海況情報

マグロは日本国内において沖縄近海が主な漁場です
日本全国から糸満にマグロ漁船が帰ってきます。しかし現在夏休み中なので、沖縄の漁師の出番です
沖縄近海の黒潮の海流時系列情報動画を公開します
110521_0652~0001.jpg太平洋回遊マグロの一番乗りは港川海域です。戻りマグロも入ります
Uターンマグロも回遊します。条件はそろっています
後はそれぞれのマグロの棚を見極めるのが大漁の秘訣
100mラインは港川海域に24度で入ってきています=キハダマグロはその棚をねらえ
f110521_0653~0002.jpgf110521_0655~0001.jpgf110521_0655~0002.jpgf110521_0656~0001.jpgf110521_0657~0001.jpgm110521_0653~0001.jpgm110521_0654~0001.jpgm110521_0654~0002.jpgm110521_0657~0002.jpgmaguroechoscyan2.jpgmaguro echo 1.jpgepochburok2.jpgkouseiecho.jpgMollenaも入って来る可能性あり、マグロビジネス安く仕入れようと考えるのは・・・相場で良い物で且つセリ直送の釣りたての鮮度生き生きを仕入れる戦略を立てるだけの器量のある人に提案します。スピードが命:今週台風18号、17号が日本本土に直撃の予報。来週はマグロは冷凍物でしのぐか、それとも先取りしておくか

ラベル:マグロ水揚げ
posted by syu at 19:45| マグロ水揚げ予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする